【ポケカ】ジムバトルへの参加方法や持ち物

ポケモン

ポケカを初めて早半年が過ぎました。
初めのうちは家族だけで楽しんでいたのですが、気づけば週2日でカードショップのジムバトルに参加する立派なガチ勢にw

そんなわけで、これまでジムバトルで対戦してきた経験から、これから参加される方へ向けて必要な持ち物や大会ルールなどを記していこうと思います。

ジムバトルとは

ポケモンセンターや地域のカードショップで開催されているフリーの大会のことです。

最近はポケカブームのためかカードショップだけでなく、オモチャ屋や古本屋、TSUTAYAなどでも開催されています。

開催日時は、ポケモンカードトレーナーズウェブサイトで調べることができます。

ジムバトルの種類

ジムバトルには以下の種類があります。

  • 初心者や腕試しOKの「ジムバトル」
  • その月に発売された拡張パックのポケモンカードを使った「新弾バトル」
  • 新しい拡張パックが発売された週末に開催される「ポケカの日週末限定バトル」
  • チャンピオンシップスポイントを獲得できる「トレーナーズリーグ」

などなどがあります。

私は主に新しく作ったデッキの調整のためと色々な種類の戦術に触れるために「ジムバトル」や「新弾バトル」に参加しています。

レギュレーションの確認

ジムバトルには必ずレギュレーションがあります。

レギュレーションとは簡単にいえば、使えるカードの範囲のことです。
現在のレギュレーションは以下の通りです。

  • スタンダードはSM(サンムーン)シリーズ。
  • エクストラはSM、XY、XY BEARK、BWシリーズ。
  • 新弾バトルはスタンダードで、かつ、新弾拡張パックのポケモンを4枚以上、又はタッグチームを1枚以上。

新しいシリーズが発売されるとレギュレーションは変更になりますので、正確な情報はポケモンカードトレーナーズウェブサイトをご参照ください。

当日の持ち物

ここからは当日の持ち物の紹介です。
気合いを入れて自前の持ち物を写真で取りましたw

デッキ&スリーブ

デッキがなければ始まりません。レギュレーションに沿って作った自慢のデッキを持参しましょう。

また、ポケカはデッキをカットする頻度が多いカードゲームです。
レアカードをむき出しで使っていると相手もカットするときに気を遣います。
大事なカードはスリーブ(ポケカ公式ではデッキシールド)に入れておきましょう。

ダメカン、GXマーカー、コイン

ダメカン、GXマーカー、コイン、どくマーカー、やけどマーカーは自分で用意します(店舗側で用意しません)。

ダメカンは公式のものでなくてもかまいません。ダメージが明確に分かればサイコロでもOKです。

細かいものですので容器に入れてしっかり管理しましょう。

筆記用具

店舗によってはスコアシートを自分で記入します。
大抵の場合は店舗側で筆記用具を用意しませんので、自分で用意しましょう。
筆記用具と書きましたが、必要なのはボールペン1本です。
手帳用のボールペンでしたら、ダメカンケースに一緒に入れることができるので持ち運びに大変便利です。

※スコアシートは店舗によって異なりますので、書き方がわからないときは店員さんや常連さんに聞いてみましょう。

プレイマット

普通の長机で対戦するところが多いので、プレイマットを持参する人も多いです。
ですが、必須ではありません。私は荷物になるので持っていきませんw

参加費

参加費はジムバトルの種類や店舗によって異なります。
参加費200円というところもあれば、拡張パック購入というところもあります。

参加してみよう

参加店舗が決まり、レギュレーションや持ち物も用意できたら、いざ参戦です!

私も初めて参戦するときは、「ルールに厳しい恐い人達だったらどうしよう」と思っていましたが、全くそんなことはありません。

和気あいあいと楽しく、ルールでわからないところは教えてくれますし、デッキの構築相談にも乗ってくれます。

ちなみにジムバトルで優勝すると、通常では手に入らない「プロモカード」をゲットすることができます。

やはりカードゲームの醍醐味は対人戦ですので、腕試しにジムバトルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ポケモン
スポンサーリンク
みやのひろをフォローする
プロフィール
_20161004_124319s

Author:みやのひろ
言語聴覚士。休日はさすらいの手話落語家(予定)。ポケカにガチハマり中。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。

GO!GO!ST-言語聴覚士兼アマチュア落語家のブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました