【ポケカ】ニャースVMAX/ムサシとコジローハンデスデッキ

ポケモン

ニャースVMAXを軸にしたデッキ第2団!

今回、相棒とするカードは相手の手札をトラッシュしていく嫌がらせカードの代名詞『ムサシとコジロー』です。

では、デッキの解説です。

基本コンセプト

基本コンセプトは、『ニャースVMAX』をバトル場に立てて『溶接工』や『ボルケニオン』を使い高速でエネルギー加速をして高打点で殴りつつ、カードドローを同時に行うというものです。

どんなデッキになろうとこのコンセプトは変わらなそうですねw

ハンデスで相手を制限する

カードドローはニャースVMAXで行えるので、サポートは相手の嫌がらせに全力を注ぎますw

使用するサポートは『ムサシとコジロー』です。自分と相手の手札を2枚トラッシュしていくのですが、ムサシとコジローの効果で『マタドガス』をトラッシュした場合、特性ホワイトホールで相手はさらに1枚トラッシュすることになります。
つまり、ムサシとコジローの効果で2枚、マタドガスを2枚トラッシュできていれば相手はさらに2枚、計4枚トラッシュさせることができます。

仮に、相手にサイドを2枚取られていた場合、『リセットスタンプ』で相手の手札を4枚にし、ムサシとコジローですべてトラッシュさせることもできます。

まさに相手の行動を制限するのにもってこいです!

エンニュートでさらに加速

『エンニュート』の特性あぶりだすで炎エネルギーをトラッシュすることで3枚のカードドローが行えます。

前回は『マグカルゴ』の特性じならしと『ヤレユータン』の特性さるぢえで確実にキーカードを手札に加える方法でしたが、今回は手札がどんどん無くなっていく上にムサシとコジローを使う際にはマタドガスも必要となるので質より量を取り、エンニュートにしました。

使った感想

やっぱり勝てませんでしたw
ムサシとコジローのハンデススピードよりも、ザシアンVのふとうのつるぎやジラーチのねがいぼしのドロー加速の方が安定していて強かったです。

また、昨今のスピード重視のポケカではハンデスしてる間にニャースVが倒されてしまうという問題もあります。
エネルギー加速の差を埋めるためにもトリプル加速エネルギーを採用したのですが、これが安定しそうでしませんでした。
やっぱり溶接工は優秀ですねー。

本格的にハンデスをするのであれば、壁ポケモンとしてピッピにんぎょうを採用してムサシとコジローを3、4枚は積んでもよいかもしれませんね。

まとめ

前回のエネルギー破壊デッキに引き続き、今回のハンデスデッキも炎タイプとの組み合わせで作りました。

やはりキーとなるのはエネルギー加速ですね。
次はエスパータイプとの組み合わせで作ってみようかな。

ポケモン
スポンサーリンク
みやのひろをフォローする
プロフィール
_20161004_124319s

Author:みやのひろ
言語聴覚士。休日はさすらいの手話落語家(予定)。ポケカにガチハマり中。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。

GO!GO!ST-言語聴覚士兼アマチュア落語家のブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました