comuoon(コミューン)を見かけたのでレポ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事で福祉施設にいった際に、comuoon(コミューン)を見かけました!

ちなみにコミューンとはユニバーサル・サウンドデザイン社が開発した聞こえが遠くなってきた方のための小型スピーカーのこと。
通常のスピーカーとは異なり、指向性があるためその人だけにスピーカーの音を届けることができるので言葉の聞き取りがアップするようです。

-----メーカーの説明-----

ひとりでも多くの人に、聴こえる喜びを。
聴こえる喜びや会話する楽しさを、1人でも多くの人に知ってほしい。その想いを原動力に、スピーカーシステムを活用した支援システムを3年に亘る開発の末、製品化に成功しました。70dB程度の中等度難聴※1までの方であれば、補聴器なしでも高い効果を実証※2。また、高度・重度難聴の方でも、補聴器と併用することで聴こえの改善効果が期待できます。
※1 感音難聴も含む。 ※2 九州大学耳鼻咽喉科の検証データ

さっそく、施設の受付の人にお願いして実際にコミューンを試してみました!
感想は・・・
おおぅ。確かに音量感はあるけど、やっぱりスピーカー特有の割れた感じは否めないな。
でも、スピーカーの正面からちょっとそれるだけで急に音が聞こえなくなる!
指向性すげぇwww
通常のスピーカーだと話してる内容が駄々漏れだけど、これなら位置を調整したら周囲の人に聞かれる心配がないな!
メーカーのホームページを見ると、多くの企業や銀行、役所の窓口で設置されており、また学校や病院にも設置されているとのこと。
けっこう広まってきているんですね。
次に福祉施設にいったときには、受付の人の感想を聞いてみたいと思いますw
ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

-スポンサーリンク-

コメントを残す

*

CAPTCHA