オーダー「些細な変化」

日常

ウィムッシュ!

落語の演目に『心眼』というものがある。

盲目の按磨師が主人公の噺なのだが、前々から妻の勤めている眼科から落語をやってほしいとの打診がきていたので、この演目なら皮肉がこもってて逆に面白い。

さっそく妻に持ちかけてみるが

 

「何考えてんの?そんなんじゃなくて初天神くらいにしておいてよ。」

 

と、にべもなく断られる。

さすがにダメだよなぁと思ったとき、ふと今の会話に違和感を覚える。

初天神くらいにしておいて?

初天神って妻の前でやったことないよね?

てか、何で初天神を知ってるの!?

 

慌てて妻に確認する。

すると、妻から一言。

「何年夫婦やってると思ってるの。いっつも落語ばっかで覚えちゃったよ。」

今日は大サービスしちゃうぞー!

日常落語
スポンサーリンク
みやのひろをフォローする
プロフィール
_20161004_124319s

Author:みやのひろ
言語聴覚士。休日はさすらいの手話落語家(予定)。ポケカにガチハマり中。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。

GO!GO!ST-言語聴覚士兼アマチュア落語家のブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました