吃音・流暢性障害学会 第4回大会前 市民公開講座に参加しました!

国立障害者リハビリテーションセンターで行われた吃音・流暢性障害学会 第4回大会前 市民公開講座に参加しました!
前半は学会理事長である長澤泰子先生の『吃音の基礎知識と本学会の役割』。
後半はフリーアナウンサーの小倉智昭さんの『夢を持つな 目標を持て!どもるからアナウンサーになった』。
の2本立て。
どちらのご講演も大変素晴らしい内容だった!
長澤先生のご講演は、吃音の基礎知識から始まり、症状の進展の過程、今現在わかっている治癒の条件など。専門的視点だけどわかりやすくかみくだいて話されていた。
また、学会の設立趣旨の説明もあり、何でもこの吃音・流暢性障害学会は、『たとえ吃音があっても楽しく生きている方はいる。それを広めたくて学会を作った。本学会は臨床家や研究者だけでなく当事者も一緒になって”吃音”について考えていきたい』とのこと。
“当事者も一緒に”ってところが素敵ですね。
あと、重松清さんの『きよしこ』の紹介もちょっことありましたので最後にリンクを貼っておきます。
次にとくダネでお馴染みのアナウンサー小倉智昭さんのご講演ですが・・・
とってもパワフルでした!
出だしから『僕はどもりです。でも今はどもりません。なんでどもらないかわかりますか?お金をもらっているからです。』
うぉー!やはり話す商売だけあって出だしの引き込みがすごい!
その後は幼少期の吃音のエピソードから話す商売を選んだきっかけ、アナウンサーになってからも吃音と戦ってきたエピソード、自分なりに見つけたどもらないコツなどなど。
内容盛りだくさんw
講演のタイトルにある『夢を持つな 目標を持て!』の言葉は、幼い頃の小倉さんが七夕の短冊に毎年『どもらないように』と書いても願いが叶わないことから『七夕は嘘だ』と父親に言ったところ、父親から返ってきた言葉とのこと。
また、講演中は何度も『自分の話には自信がある!』と繰り返し言っていました。
そして、『どもってたって仕事はできる。どもってたって結婚はできる。ハンディキャップをバネにして自分に自信を持つ。』
『人生に目標を持つこと。一つ一つ。頑張って喋りたおしてください』と締めていました。
講演内容を取ったメモからもパワフルさが溢れていますwww
人生に目標を持つこと。
自分に自信を持つこと。
小倉さんがおっしゃったこの二つの言葉を胸に刻んでこれからの仕事に取り組んでいこうと思います。
※メモをとったはとったのですが・・・走り書きのため自分の字が読めません( ノД`)…
実際の内容とは多分に食い違いがあると思って読んでくださいm(__)m

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

きよしこ [ 重松清 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)

仕事
スポンサーリンク
みやのひろをフォローする
プロフィール
_20161004_124319s

Author:みやのひろ
言語聴覚士。休日はさすらいの手話落語家(予定)。ポケカにガチハマり中。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。

GO!GO!ST-言語聴覚士兼アマチュア落語家のブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました