日本吃音・流暢性障害学会 第4回大会に参加してきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成28年9月2日、3日に埼玉県所沢市にある国立障害者リハビリテーションセンター
学院で行われた『日本吃音・流暢性障害学会 第4回大会』に参加してきました!

久々の学会参加ということもあり、かなりワクワクですw
学会大会というと、普通は研究成果の発表の場ですが、この学会は今年から発表の他にセミナーも行われるようになりました。
きっと『研究者だけでなく、当事者も一緒になって吃音を考える』という学会の性質上、吃音についての知識や治療方法なども知ってもらいたいって考えがあったのかなーと思います。
ちなみにセミナーだけで8つもありましたw
1.吃音の基礎知識
2.環境調整法入門
3.どもるあなたにRASS入門
4.楽にどもるってどんな感じ?
5.学齢期の感情・態度
6.やってみよう「軟起声」
7.成人の発達障害と吃音
8.リッカム・プログラム
シンポジウムでは
1.『幼児吃音臨床の最先端を目指して』
2.『吃音のある自分と向き合うためにできることは何か-ことばの教室との交流で言友会が果たす役割-』
招待講演は『Reaearch Updates in Neuroimaging Studies of Children Who Stutter』
大会長講演は『吃音の認知行動療法(CBT):吃音臨床のパラダイムシフトと統一的吃音観の提案』
見よ!このラインナップ!
時間がかぶっていたり口頭発表を優先したりで全てを聴講することはできませんでしたが、この2日間だけで吃音についてかなり勉強できましたwww
言語聴覚士学会では、吃音はかなーり少ないのでこの2日間は吃音漬けとなりとても有意義でした。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

エビデンスに基づいた吃音支援入門 [ 菊池良和 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2016/9/6時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

-スポンサーリンク-

コメントを残す

*

CAPTCHA