オーダー「第3回 落語教室発表会~開演~」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウィムッシュ!

 

待ちに待った『第3回 落語教室』の発表会の日がやってきた。

発表会とは、お客さんを入れていままでやった稽古の成果を御披露目する場。

要は素人落語会。

しかし素人とは云え、客と演者の関係になるので否が応にも緊張感が高まる。

 

教室からの演者は10人。

前半4人が演じ、仲入りを挟んで後半6人が演じる予定。

自分の出番は、まさかの大トリ!

師匠から今回の落語発表会の締めをまかされるということなので、落語の実力を認められたようで正直すっごく嬉しい。

 

開場の時間になり、一番太鼓が鳴る。

「どん!どん!どんと来い!」と太鼓が会場内に響き渡り、お客さんを招き入れる。

待ってました、とばかりに続々と入ってくるお客さんたち。

その勢いはとどまらず、20人定員のところを急遽詰めに詰めてもらって、最終的には30人が来場。

 

ちょwww

どうなってるのwww

告知をしたのは知ってたけど、まさかこんなにも見にきてくれるとはwww

 

まさかの客の多さに演者たちの緊張が一層高まる。

兄さん姉さんたちと入念に段取りの確認をしつつ、開演を告げる二番太鼓を鳴らす。

 

さぁ、落語発表会の開幕だ!!!

 

というところで師匠から呼び出しをくらう。

悪い予感がしつつ、師匠に話をうかがうと

「前後半の人数を揃えたいから、みやのひろさんは前半に移ってください。」

 

初の大トリがーーーーーー!!!

シリーズ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

-スポンサーリンク-

コメントを残す

*

CAPTCHA