オーダー「第3回 落語教室4日目!」

落語

ウィムッシュ!

落語教室の稽古も終盤に差し掛かった4日目。

残りの稽古日数が少なくなり、師匠にも生徒たちにも余裕がなくなってくる。

 

「では、後半からお願いします。」

 

きた。いきなりやってくる師匠の『後半攻め』。

今までは出だしのマクラから話始めていたが、いきなり師匠が話し出す箇所を指定することもある。

この途中から話始めるのが本当に難しい。

マクラも含めて話の流れで内容を覚えているため、途中からだと流れを掴めずにスラスラと言葉が出てこない。

そのうえ稽古終盤という状況も重なり

 

「師匠、後半とはどこからでしょうか?」

「後半は後半です。さ、始めてください。」

 

話始めの場所さえ教えてもらえず、うろたえる生徒たちwww

しかし師匠は目を瞑って聞く体制www

もうとりつく島もないwww

 

そんななか、ある生徒の行動が教室内の空気をガラッと変えることになる。

 

「えー、世の中にはたくさんのご縁がございまして」

 

ちょwww

マクラから始めてるよ兄さんwww

この空気の中すごい心臓だなwww

って、これは有りなのか!?www

 

思いもしない行動に面を食らう一同。

恐る恐る師匠の顔をのぞき見てみると

そこには目だけが笑っていない師匠が。

 

その後、静かに猛者兄さんの稽古が終わり、自分の番がくる。

「次、みやのひろさん。ちゃんと後半からお願いします。」

高座にあがりたくねぇぇぇぇぇ!!!

シリーズ記事

落語
スポンサーリンク
みやのひろをフォローする
プロフィール
_20161004_124319s

Author:みやのひろ
言語聴覚士。休日はさすらいの手話落語家(予定)。ポケカにガチハマり中。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。

GO!GO!ST-言語聴覚士兼アマチュア落語家のブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました