オーダー「第3回 落語教室発表会~終演~」

落語

ウィムッシュ!

 

開演5分前に師匠から言い渡された出演順の変更。

初の大トリが、人数調整という理由であっけなく霧散していく。

あまりの事態に数秒間頭が真っ白になってしまったが、しかし、師匠の取り決めは絶対。

とりあえず、兄さん姉さんたちに事の次第を伝えて段取りを調整していく。

そうこうしているうちに5分はあっという間に過ぎ、トップバッターの演者が高座にあがる。

 

今回はトリだからと、演目の最終チェックもマクラのネタもそこに照準を合わせてきた。

それをこんな土壇場で変えられたので、師匠への恨みも込めたマクラを作り上げる。

発表会は順調に進み、プログラムに書かれた前半組最後の演者が高座から降りる。

客席からも何やらホッとしたような空気感が漂う。

しかし、ここで緊張感を解かれては困る。

ここからが自分の時間なのだから。

 

お囃子が鳴り、颯爽とした足取りで高座にあがる。

プログラムの予定とは違うことに、「?」が浮かぶお客さんたち。

ゆっくり客席を見渡した後で一言発する。

 

「・・・休憩にはまだ早いですよ?」

 

クスッと客席から笑いが漏れる。

よし。掴みは成功。

 

「諸事情があり、急遽出番を変更することになりました。もう一席お付き合いをお願いします。」

 

プログラムを見て、名前を確認するお客さんたち。

すかさず、畳み掛けるように

 

「初の大トリをいただきまして緊張と自信で気張っていたのですが、先ほど師匠から『前後半の人数が合わない』というくっだらない理由で出演順の変更を申し渡されまして・・・全く、若者の純粋な気持ちをもてあそばないでほしいものです。」

 

会心の師匠いじり!

瞬間。ドッ!!!と客席に笑いが弾ける。

緩んだ空気が一瞬にして笑いに変わる。

 

自分の力で笑いをとるこの快感w

この瞬間がたまらねぇwww

 

そこからはもう無我夢中でネタを繰る。

仕草ひとつひとつに客席の笑いがついてきて、本当に気持ちいい。

ネタが終わり、笑いと拍手に包まれながら高座を降りると、兄さん姉さんからも「上手くなった」と嬉しいお言葉が。

 

やばいwww

マジで嬉しいwww

お客さんの反応も良かったし、今日はマジで良い落語だったwww

 

落語の出来は良くても、師匠をだしに使ってしまったのだから謝らなければならない。

すぐに師匠のそばに行き目一杯頭を下げる。

「師匠、マクラで勝手をやってしまい申し訳ありませんでした!」

すると

「・・・はい。」

 

せめて何か言ってくれーーー!!!

シリーズ記事

落語
スポンサーリンク
みやのひろをフォローする
プロフィール
_20161004_124319s

Author:みやのひろ
言語聴覚士。休日はさすらいの手話落語家(予定)。ポケカにガチハマり中。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。

GO!GO!ST-言語聴覚士兼アマチュア落語家のブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました